文月(ふみづき)

みなさん、こんばんは!早いもので梅雨の最中、7月に入りました。7月と言いますと
旧暦では文月(ふみづき)です。その由来はと申しますと。

短冊に歌や字を書き、書道の上達を祈った七夕の行事に因み、
「文披月(ふみひらきづき)」が転じたとする説が有力とされる。
 その他、旧暦七月が稲穂が膨らむ月であるため、「穂含月
(ほふみづき)」「含月(ふくみづき)」からの転とする説。
稲穂の膨らみを見る月であるため、「穂見月(ほみづき)」から
転じたとする説があるそうです。

短冊に願い事を書いて奉納する、七夕の行事から来ているような気がしますが
皆様はどう思われますか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

一年がもう半分終わってしまいましたね。
大人になるにつれて、日々が新幹線並みのスピードで過ぎ去って行きます。
この「文月」を読んで、七夕が近いことに気がつきました……
織姫と彦星に思いを馳せるような気持ちの余裕が欲しいものです。
短冊に願い事をしたためる文月、私も七夕が由来であるといいなぁと思います!

七夕

エミさん、こんばんは!

あっという間に一年の半分が過ぎてしまいましたね。もうすぐ七夕ですが。織姫と彦星が年に一度、天の川を渡りデートが出来る日なんてロマンチックですよね!七夕と言えば「笹の葉さ~らさら軒端に揺れる」のあの歌がすぐ思い浮かびます。五色の短冊に願い事を書いて飾る、やっぱり文月なのかも知れませんね。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール

Author:太秦の半ちゃんこと森山陽介
時代劇で、映画村で日々頑張っています!

月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR