名優 加藤剛さん

先日あの名優、加藤剛さんと数十年ぶりに大○越○の撮影でご一緒させていただきました。勿論加藤さんは越○役ではなく、浪人役です。今の越○役は東山紀之さんです。

私は、加藤さんに一太刀で斬られてしまう小さな役だったんですが、俳優会館でお見かけしたのでご挨拶に行ったら「森山さん、お久しぶりです」と声をかけて下さいました。私の事覚えて下さったんですね、嬉しかったです。

私のアクションデビューは風車の弥七ですが、殺陣のデビューは大○越○で加藤剛さんに斬りかかる忍者の一人でした。それは新人の私にやらせる役ではなかったのです。

剛さんに斬りかかり鍔ぜり(刀と刀を合わせて至近距離でにらみ合う)をするのですが殺陣師から「待った」と止められてしまいました。「森山、あかん!マーボー(ベテラン)代ったれ!」

すると間髪を入れず剛さんが、殺陣師に「○○さん、この子もう一回やったら大丈夫だからやらせてあげて」と私をかばってくれまして、再度挑戦するも結果は残念ながら交代することに!

今から思えば眼力、体から滲み出る迫力に欠けてたんですよね。新人の私には所詮無理だったんです。その晩は悔しくて悔しくてやけ酒を飲んだ記憶があります。

今ではその殺陣師には何の恨みもありません、いい作品に仕上げるのにはそれくらいの厳しさは必要なので当然の事なのです。それがプロの厳しさなんですね。加藤剛さん有難うございました!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール

Author:太秦の半ちゃんこと森山陽介
時代劇で、映画村で日々頑張っています!

月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR