弥生(やよい)

皆さん、おはようございます。今日から3月でございますがまだまだ寒いですね!
さて、3月の事を旧暦では弥生(やよい)と言いますが、その語源はと言いますと。
「弥生(いやおい)」が変化したものとされる。弥生の「弥(いや)」は、「いよいよ」
「ますます」などを意味する。弥生の「生(おい)」は、「生い茂る」と使われるように
草木が芽吹くことを意味する。 草木がだんだん芽吹く月であることから、弥生とな
ったそうです。早く暖かくならないかな!3月も忍者ショーをよろしくお願いします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ついこの間、如月のお話だったような気がしますが、早くも弥生に入りましたね。
弥生の言葉の成り立ちを知ると、とても素敵な語感だなと思いました。春を望む感じがまっすぐに感じられますね。
日常いろいろありますが、弥生のように前向きに上向きに頑張ろうと素直に思えました。
皆さまそれぞれに素敵な春が来るといいですね!

弥生

エミさん、おはようございます!
早いものでもう3月、弥生ですね。春を待ちわびるいい言葉です。
忍者ショーも例年ならこの季節、新しい作品に代わるんですが今回のサスケは3年目に入りましたよ。いつになったら春が来るのやら?それまで頑張り続けます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール

Author:太秦の半ちゃんこと森山陽介
時代劇で、映画村で日々頑張っています!

月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR